電話番号0968-73-8241(皆さんの歯に良い)

〒865-0061
熊本県玉名市立願寺151-1

9:00-12:30、14:00-18:00
火・水
9:00-12:30、14:00-18:30
9:00-12:30、14:30-19:00
9:00-12:30、13:30-16:30

日曜/祝日/木曜:休診

熊本県玉名市の歯科 小児歯科 審美歯科 矯正歯科 入れ歯のことならいなもり歯科クリニックへ

矯正治療

PC・ケータイ・スマホOK!!初診・再診予約はEPARKへ

求人案内

インビザライン

facebook

キャンペーン実施中

日本最大の審美歯科ブランド加盟院です

HOME»  矯正治療

歯並びが悪くなる原因は

先ず、遺伝があります。
親ごさんが歯並びが悪い場合、つまり遺伝が強い場合は長い経過観察が必要です。
油断がなりません。
できるだけ早い時期に、例えば3歳ぐらいから矯正用マウスピースをはめて、顎の上下の位置とサイズの成長を正しく促すと、親が歯並びが悪くても良い結果が出る事があります。
親が歯並び悪くても、顎の成長を正しく促していく矯正治療です。
歯並びは遺伝します。しかし、早めに対処する事で改善できます。

遺伝ではない場合は、つまり親御さんは歯並びに問題がない場合。
子供さんだけ歯並びが悪くなる原因は、口呼吸と悪い習慣にあるようです。
悪い習慣というのは、指しゃぶりやほおずえ、うつぶせ寝やいつも同じ側で寝るなどの悪習慣です。
決まった方向に長時間、弱い力を歯に加え続けるとその方向に歯は動いて、歯並びは悪くなります。
この悪習慣は人それぞれですので、じっくり患者さんとお話しして、対策をたてる必要があります。

口呼吸は風邪をひき易く、歯並びを悪くします、鼻呼吸をしましょう!

口呼吸をしていると

口を閉じて食べると息ができないので口を開けながら食べます。
閉口筋が衰えていつもポカンと口を開けています。
口を開けると舌が下にさがり、舌で歯を押して出っ歯になります。
前歯で舌を噛んで開口になります。
口の中は乾燥して雑菌の宝庫になります。
喉のリンパ組織に病原菌がダイレクトに接触し、扁桃腺がよく腫れます。
リンパ球が増えすぎて免疫が過剰になり、花粉症、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそく等のアレルギー疾患を引き起こします。

口呼吸を鼻呼吸に変えると

閉口したまま食べる事ができます。
閉口筋(口を閉じる筋肉)が鍛えられ口をキリッと結べます。
舌が上顎にピタッと着くことができ、上顎が広がります。
舌が歯を押さず 出っ歯、開口になりません。
口の中が乾燥すること無く唾液の抗菌作用が働きます。
鼻腔のきわめて精巧にできた加湿機能つきの空気清浄機能が働き、リンパの免疫力がうまく発揮されて、風邪、喘息、アトピーといった病気になり難くなります。

鼻呼吸に変えるには

あいうべ体操をして、寝るときはリップシールを貼りましょう。
あいうべ体操はキラキラ星のメロディーにあわせてすると、楽しくできます。
あいうべ体操のべーと言った後で、舌が引っ込んで上顎にピタッと着いた位置が、閉口時の正しい舌の位置です。

今井一彰先生(みらいクリニック院長)著 「あいうべ体操」より引用

2,3歳からの不正咬合(予防)治療

当院は、将来大人になってワイヤーを入れなくてすむ為の3歳ぐらいからの早期小児矯正に力を入れています。
骨のやわらかいうちから顎を広げ、歯並びを悪くする癖を治していきます。
子供のうちだと痛みも少なく、顎の骨という歯が並ぶ土台が正しい形に成長していると、歯も自然と綺麗に並びます。
しっかりした顔立ちになるし、大人になって顎の骨の形が小さいまま矯正するよりも早く、仕上がりも理想近くにいくからです。
顎を切ったりする特別な治療が必要な場合は、大学病院、もしくは専門医を紹介致します。

子供の歯並び治療について

子供さんの歯並びが悪いのに気づいたら、早いうちに治療した方が良いです。なぜならその悪い歯並び通りの顔形の大人になるからです

治療はマウスピース型装置を使いますので3歳でも大丈夫です

この装置を口を閉じて使用すると、舌の位置が正しい位置にいき、口を閉じる筋肉がきたえられ、鼻呼吸ができるようになります。

不正咬合がそのままで、顎が成長できずに小さくて、歯が並びきらなかったり、歯列が狭くなった場合は、顎拡大装置を使う事もあります

子供さんの歯並びが悪いのに気づいたら、大人になってから顎の骨の形と上下の顎の位置が決まってから矯正するより、そうなる前に早いうちに治療した方が良いです。なぜならこの歯並び通りに顔形と上下の顎の位置が形成されて大人になるからです

「歯列育形成の実際」 島田朝晴先生著より引用

原因は鼻が悪くて口呼吸で口を閉じられない子や、歯に悪い力を与える悪舌癖にある様です。大体口の中が狭くて窮屈で、姿勢も悪い子供さんが多いです
成長とともに、前突は前突の顔つきに、反対咬合はうけぐちの顔つきになっていきます。だから、そうならない早いうちに治療した方が良いです。心当たりの方はご相談ください。

矯正治療費(税別)

初診相談料 3,000円
検査診断料 40,000円
パノラマ・CT・口腔内写真・全身写真・石膏模型を使っての検査診断説明
A 早期治療(乳歯列治療)3歳~ 60,000円+10,000円/装置
各種のマウスピースを使います。3歳以上から治療可能です。早い開始ほど良いです。
顎骨の正常な発育を目的にし、正しい舌の位置・鼻呼吸をトレーニングし、悪い体癖を治し、できるだけ永久歯の矯正(B,C,D治療)をしなくてすむ顎発育を目指します。
B 部分的治療永久歯上下前歯8歯のみ 6歳~8歳 250,000円
Aからの移行の場合は 25-6=19 190,000円
C 一期治療(永久歯が生えそろうまでの治療)~12歳 350,000円
Aからの移行の場合は 35-6=29 290,000円
Bからの移行の場合は 35-25=10 100,000円
D 二期治療(永久歯が生えそろった後から治療を始める場合)12歳~ 650,000円
Cからの移行(継続治療) 65-35=30 300,000円
オプション料金
プラスチックブラケット(1歯) 500円
セラミックブラケット(1歯) 2,000円
ホワイトワイヤー(1本) 1,000円
ホワイト結紮線(1本) 100円
アンカースクリュー(1本) 16,000円
管理調整料(矯正期間中の記録と資料取り・装置調整) 5,000円(1か月当たり)
抜歯が必要な場合 5,000円(1歯)

治療費のお支払い方法については以下の方法をお選びください。

  1. 患者様のローン
  2. 歯科医師会提携の低金利デンタルローン
  3. 現金一括

10万円以上は医療費控除が受けられます、所得税・住民税が安くなります。

透明なマウスピース矯正治療(インビザライン)


           資料を使って丁寧にご説明をいたします

「目立たない」「取り外し可能」患者さまの負担を限りなく抑える 透明なマウスピース矯正のご提案。
歯並びをきれいにしたいと思っていても、見た目が気になるなどの理由から、矯正を懸念される方が多くいらっしゃいます。当院では、そういったお悩みを解消できるように透明なマウスピース矯正を導入しています。透明で薄いマウスピースを使用して行うので、取り外しができ、目立ちません。そのため、見た目が気になる年頃の方や、働いている方でも、気兼ねなく行っていただくことができます。 また、取り外しが可能であり、ワイヤーやブラケットのようにお口のなかに常に装着しておく必要がありません。そのため、普段通りのブラッシングやケアをすることができ、お口のなかを清潔に保つことができます。 この矯正を行う際は、マウスピースを作ってくれる会社に患者様のお口に関する資料を送ります。そして、一人ひとりの歯の動きを3Dでイメージしたマウスピースを作成していただき、送っていただいています。そして、患者さまご自身でマウスピースを変えていただくことができるため、従来の矯正のように何回も調整しに来院される必要はありません。患者さまの歯にかかる負担も限りなく抑えられていますので、興味をお持ちの方がいましたら、お気軽にご相談ください。